本財団の広報と、奨学生のコミュニケーションの広場として、年に2回、機関誌”樫の芽”を発行しています。財団の活動の報告とともに、奨学生やOBの皆さんからの投稿、財団からのお知らせなどを主な内容としています。

第34回奨学生 - 2014年3月2日(日)

平成26年3月2日(日)樫山奨学会館にて、第34回奨学生・第28回留学生の樫山奨学生としての最後の奨学金の授与式「卒業を祝う会」を行いました。4月から就職、進学など各々の進路は様々ですが、樫山奨学生としての誇りと、財団の交流を通して育んだ絆を大切にしてほしいと思います。OB会でまた人として一回り大きくなったみなさんの元気な笑顔に会えるのを楽しみにしています。ご卒業おめでとうございます!

第33回奨学生 - 2013年3月3日(日)

平成25年3月3日(日)樫山奨学会館にて、第33回奨学生・第27回留学生の樫山奨学生としての最後の集まりである「卒業を祝う会」を行いました。4年前の新入生オリエンテーションで初めて顔を合わせた時と同じようにたくさんの仲間が全国から集まりました。これからも樫山奨学生の誇りをもって様々な分野で活躍してくれる信じ応援しています。4月からはそれぞれの新しいスタートを切りますが、樫山の仲間と語り合ったことや今日の日のことを忘れずにこれからも頑張ってください。

第32回奨学生 - 2012年3月4日(日)

平成24年3月4日(日)樫山奨学会館にて、第32回奨学生・第27回留学生の「卒業を祝う会」を行いました。今回で最後となる現役奨学生としての集まりでした。役員・選考委員の先生方より祝辞と激励のお言葉、理事長から直筆のお手紙と記念品をいただきました。卒業生一人一人から感謝の言葉と夢や希望に満ち溢れた今後の決意を聞くことができました。4月からはそれぞれ新しいスタートを切りますが、樫山の「絆」をいつも忘れずにこれからも頑張ってください。

第31回奨学生 - 2011年2月27日(日)

2月27日(日)、第31回奨学生(平成19年度採用生)の「卒業を祝う会」を行いました。4年間過ごしてきた仲間や財団役員の皆様そして選考委員の先生方との顔をそろえ、一人一人の頼もしい未来人の決意等を聞き、楽しい時間を過ごしました。先生方からは「卒業おめでとう」と、激励のお言葉をいただきました。これから社会へでるとこうして皆で集まることが難しくなりますが、今日の日のこと、財団のことをいつまでも思い出し、元気に頑張っていってもらいたいと思います。卒業おめでとう!

第30回奨学生 - 2010年2月28日(日)

2月28日(日)、第30回奨学生(平成18年度採用生)の「卒業を祝う会」を奨学会館で行いました。ちょうど4年前、オリエンテーションに出席するために不安と希望を抱いて集合しました。日曜日にもかかわらず、役員、選考委員の先生方にもご出席いただき、4年後の成長した奨学生を見てもらいました。先生方からは「社会から必要とされていることを十分に自覚し、常に感謝の気持ちを忘れずに、今までに培ったものを社会に還元してほしい」と旅立ちへの心構えと、おめでとうの言葉を頂きました。これからは全員が一同に集まることはなくなるでしょうが、時々は財団や樫山奨学生仲間の顔を思い出して頑張っていってください。