第28回 留学生会合(茨城 工場見学/鹿島・潮来~つくば)  
 2019.08.30 (02:44:10)
2019年8月28日~29日
当財団の外国人留学生を対象に「留学生会合」に行って参りました。
今年は茨城県へ。1泊2日で一緒に見学・観光をしながら過ごし、奨学生同士はもちろん財団やOBとの交流を深める事が出来ました。
大阪からの新幹線組と東京駅で全員集合しバスで茨城県へ。亀岡理事長が旭硝子財団元専務理事の安達様や関係者様にお願いにあがり今回特別にとても貴重な経験、「AGC(旭硝子)鹿島工場見学」が実現しました。また、安達様には今回の工場見学にご同行していただきました。ガラスという身近なものが豪快に,緻密に造られているという事に大変感激しました。工場のご担当者様に大変お世話になり、硝子についてとても丁寧に説明をして下さいました。
潮来のホテルでは食後研修室に集まり、工場見学の感想を話し合い、安達様のガラスについてのお話、OBらによるセミナー「留学生の役割と在り方について」また「人工知能AIと茨城の歴史」についてのお話があり、全員で遅くまで話し合いをしました。
翌朝は静かで厳かな雰囲気の中、鹿島神宮を散策しました。
筑波山の麓へバスで移動しフラミンゴのいるレストランで食事をし、宇宙航空研究開発機構つくば宇宙センターへ。ガイド付き見学ツアーでは宇宙飛行士訓練室や宇宙でうまれたメダカの子孫を見学し、国際宇宙ステーション「きぼう」管制室では実際に宇宙と交信している場所を見せていただく事が出来ました。
とても充実した2日間を、今年も元気な留学生達と一緒に過ごす事が出来ました。卒業まであと少しの留学生もいますがこの旅行の事をこれからも忘れずにこれからも頑張って欲しいと思います。